虹の仲間には介護体験者がたくさんいます。
最期の時を迎えるとき、本人がどのような介護をのぞむのか、自分の意志を書き記してあると、
本人ばかりでなく、介護をする人にとっても大きな助けとなります。

安心できる老後を迎えるために

2000年に「老い支度覚え書き」を私費出版をいたしました。それは終活ノートの先駆けとなり、
新聞、テレビ等で紹介されました。その後、晩聲社より
日野原重信先生の帯をいただき全国の書店で販売いたしました。

しかし、出版から15年がたち自らの体験から、「大切なのは3つだけ」を書き記すのがベストと、
虹の仲間30周年を記念して「私のノート~安心できる3つのそなえ~」
簡単な書き込み終活ノートとして発刊いたしました

一冊200円です。売り上げの20%を東北被災地支援の基金とさせていただいています。
皆様のご利用をお待ちしています。

ご希望の方は下記までハガキにてお申し込みください。
部数によりますが、送料200です。
225-0023 横浜市青葉区大場町930-66
虹の仲間
私のノート~安心できる3つのそなえ~  2013年に出版(現在5版)
    わたしのノート
  ~安心できる3つのそなえ~

   ◆◇目 次◇◆

 私のプロフィール
 1 健康/ 医療についての希望・かかりつけ医・保険証番号・持病・医者からもらっている薬
                    緊急時服用薬・介護についての希望
 2 お金/ 預貯金・その他の金融資産・年金・保険・カード・財産の整理
 
 3 危機管理/ 遺言書・葬儀について・死亡を知らせてほしい人
 
 お気に入りの写真

 メモ欄

 発行 高齢化社会をよくする虹の仲間
  編集: 佐渡友順子、野原すみれ、小川和代、藍和子、石井信子、高橋定子、中野厚子、辺見明代
 

老いじたく覚え書き 
                          
                                  
                 1995年 自費出版12000冊販売        2000年出版 アマゾンにて購入できます。  帯を書いて下さった日野原重明先生と