虹の仲間の森

2000年に北海道北斗市(旧大野町)に当時の町長・吉田幸二さんの「子孫に緑の地球を手渡したい」「植樹をしませんか!!」の呼び掛けに応え、植樹をするために6回大野町を訪ねました。ご当地のお世話により17年目の今、木々は大きく成長し「虹の仲間の森」と名付けてもらいました。虹の仲間の第二の故郷となりました。

昨年は8回目の再訪です。成長した木々の下で、吉田幸二さんご夫妻、荒木洋子さんが用意して下さった肥料をあげたり、草餅に舌鼓をうち楽しい時を過ごしました。ハーモニカに合わせて「ふるさと」など力いっぱ歌いました。

その後、北斗市役所に高谷市長さんを表敬訪問、日頃のお手入れに感謝をいたしました。

゜「虹の仲間の森」の様子と記録は吉田幸二さんのブログでご覧ください。
               森の様子

トップページに戻る
佐渡友順子代表と
三井君子運営委員長

高橋さんと藤江さん

北斗市の吉田幸二さん